プラチナ価格のチャートは?

プラチナの価格推移は、プラチナを取扱う会社のサイトで見られます。

1973年に1600円をつけたプラチナの価格は、2007年には5000円の価格をつけています。

約25年で3倍以上の上昇を見ることになるプラチナの価格推移

しかし、25年をかけてひたすら上げてきたわけではありません。

ここで注目すべき数字は、1980年前後です。プラチナの価格推移がそれまではゆっくりと上昇の波を辿ってきましたが、急騰します。

このときに将来の展望を信じ、プラチナを買われた方は、翌年にプラチナ価格が3分の一になってしまうという急落を味わってしまいます。

このような極端なプラチナ価格推移はめったにありませんが、こうして振りかえることで、日本や世界の情勢でプラチナ価格推移が大きく変わるということがわかります。

2006年からまた急騰しているプラチナ価格推移ですが、これがまた数年続くことになるとの保証はどこにもありません。

platinum100 at 06:38|Permalinkclip!
プラチナ相場は、注目されています。

商品先物取引が盛んに行われている外国では、プラチナETFが登場しました。

日本でも金ETFが取引開始され、金の価値は上昇を続けています。

プラチナ相場推移も上昇という兆しが見えていますが、短期的に見ると、その推移には上下があるのは当たり前のことです。

金やプラチナというのは、どちらというと長期保有で、投機対象よりも資産形成の一助としての位置づけが大きかったのですが、最近の相場推移によっては、投機としての存在も大きくなっています。

一般の投資家も気軽に商品先物取引ができるようになっ昨今では、プラチナもその対象となっています。

金よりは高価ですが、15万円前後で始められるプラチナ先物取引ですから、その相場推移は気になります。

先物は買いも売りもできる取引ですが、自身のポジションで相場推移動向によっては損益が大きく変わってきます。

又、これからプラチナの先物を始めようという方にとっても、今後のプラチナの相場推移にはよく見ることが大事です。

platinum100 at 05:21|Permalinkclip!
チャートは投資をする上で大切なツールとなります。

ファンドのように、償還日が決まっていたとしても、チャートは気になります。

投資のできるプラチナのチャートはプラチナ先物取引をされている方にとっては、売買のタイミングを図るのにも見続けなくてはならないものです。

プラチナのチャートは、金とは違う動きをします。

ヘッジ対象となる金と同じ存在でもあるプラチナですが、それと同時に自動車産業などの工業関係で欠かすことのできないプラチナは、株式のチャートと似た動きをする場合があります。

商品先物としてのチャートの動きとヘッジ対象ともなりえるプラチナのチャートは、見通しのつけ方が難しいかもしれません。

プラチナのチャートから売買のタイミングをつかむときも世界情勢などを見極めることが重要です。


platinum100 at 05:54|Permalinkclip!
プラチナの価格上昇する原因として、プラチナの産出国での事情は大きく反映します。

プラチナは貴重な貴金属なので、プラチナを産出する側の事情がプラチナ価格の上昇に影響を与えます。

例えば、第一のプラチナ産出国である南アフリカ共和国の鉱山で発生した事故の影響でプラチナの供給懸念からプラチナの国際価格が上昇したりしています。

その他にも先物取引でプラチナは供給不足などの報道は、一気に上昇に転じたりします。

また、プラチナは工業用としての需要も大きいことから、産業の発展もプラチナ価格の上昇を呼ぶことになります。

その他プラチナを投機対象として、故意に上昇のチャートに持っていくこともありますので、投資に際しては注意が必要です。


platinum100 at 06:08|Permalinkclip!
プラチナ相場の変動の要因は様々あります。

株式や債券などといったものは、景気によって上下します。

インフレなどで株式の価値が下落の変動があった場合、プラチナ、金という商品価値が上がり、プラチナ相場の変動が起こります。

しかし、それは一時的なものなのか、持続するのかという判断はとても難しいのが、相場変動です。

プラチナ相場を投機目的で投資が始まれば、ますます相場変動のタイミングは難しくなります。

投資スタイルをお持ちの方は分かっていると思いますが、ある程度の目途をつけて相場変動に向かっていくしかありません。

しかし、プラチナ相場の場合、急落急騰の場面も多く観られますので、くれぐれもご注意を。


platinum100 at 05:52|Permalinkclip!
   次のページへ