プラチナの価格は?

プラチナ価格は日々変動します。

変動の原因として、需要と供給があります。

プラチナも宝飾品としての位置づけもありますが、工業用品としての需要が大きいこともあり、特にプラチナは自動車産業用品として使われています。

ですから、世界的な経済情勢により、プラチナ価格も変わってきます。しかも、産出国である南アフリカランド情勢によって、価格の変動は大きくなります。

プラチナと比較をして、採れる量がとても少なく、価格にしてもプラチナの2倍となっていた時もありましたが、価格変動も大きく、現在は、金の価格が2500円前後、プラチナも同じくらいです。

今後のプラチナの動向によっては、為替や株式の動向とも深く関係してきますから、チャートの変動には監視が必要です。

platinum100 at 05:41|Permalinkclip!
プラチナ価格の情報は、プラチナを取扱う業者によって毎日発表されます。

貴金属としての価格も毎日変わってきます。現在、プラチナや金を高価買取というような業者も多数あります。

それだけ需要が高まっているのと、プラチナの価値が上がっているという証拠です。

ですから、プラチナ価格の情報は毎日チェックする必要があります。

また、先物取引としてのプラチナ価格ももちろん毎日情報は更新され、こちらは為替や世界情勢などにより、1日のうちでも価格変動が大きいものとなっています。

日々変動するプラチナ価格情報をいち早くキャッチするためには、ネットが一番でしょう。

実際にプラチナを取引されている方はもちろんのこと、確かなプラチナ価格の情報源を持つことが大切です。


platinum100 at 05:25|Permalinkclip!
現在のプラチナ価格は商品先物で7000円前後で取引されています。日本だけではなく、世界中で取引が行われているプラチナ価格は1日のうちでも大きく変化をします。

もちろん時差の関係で、日本が夜中であっても、プラチナ取引はありますから、価格の変動は24時間と見てもよいでしょう。

日本においては、東京工業品取引所でプラチナ先物取引が、NY、チューリッヒ、ロンドンなどで盛んに取引され、プラチナ価格が変動します。

東京白金で上場されている東京でのプラチナ取引は、売買規模でNYより大きくなり、価格形成の上でも影響力を持っています。

原鉱石1トンからプラチナはわずか数グラムしか採ることができません。このような希少なプラチナ取引は、投機目的の投資が入ると一気に価格が上下に変動します。

また、南アフリカランドが主要な原産国ですが、生産状況によっても価格取引が左右されることも多々あります。


platinum100 at 06:09|Permalinkclip!
2008年7月の中盤からプラチナ価格は2000ドルを割る展開となりました。

貴金属だけでなく、工業用として需要のあるプラチナは、自動車販売など工業用品販売低迷にすぐに反応します。

特にマーケットとして大きな米国の影響を受けやすいプラチナ価格ドルベースで2000ドルを展開を示しています。

また、株式相場と同じ動きではなく、どちらかと言うと反対の動向があるプラチナ価格ですから、米国の株式相場にも反応は大きく、このようなときはプラチナ価格だけなく商品取引全体がドルの価値が低下するという現象が見られます。

しかし、それがいつまでも続くかというと、そうではなく、最近のヘッジのような為替相場全体を眺めると、ドルばかりが先行しているというのではなく、ユーロや円、新興国通貨の動向も気になるところです。

金と同じくプラチナ価格ドルの影響を受けやすいと言うことだけは確かですが、すぐに売買をしてしまおうというのではなく、長期保有でプラチナ価格ドルの様子を見ていくというのもいいのではないでしょうか。


platinum100 at 05:55|Permalinkclip!
希少価値が高いプラチナは、宝飾用以外に60%以上が工業用として利用されています。

又、金と比較をしてもプラチナ市場は小さいため、プラチナ価格は世界経済や社会情勢の動向によって大きく変動します。

プラチナ投資を考えるとき、変動が大きい価格プラチナ一本に投資というのは非常に危険です。

ですから、株式や債券の動向とは違う価格変動のプラチナだからこそ、投資の対象としては、分散投資の一つと考えるのが妥当かもしれません。

そして、変動する価格に左右されないために、長期保有の位置づけが有効でしょう。

最初から、プラチナ価格変動が大きいことを認識して投資を始めることが大切です。

ここで大事なのは、長期保有の場合、信頼できる業者の選定があります。


platinum100 at 08:49|Permalinkclip!