プラチナの投資は?

プラチナの売買に関して、プラチナの価格には、プラチナをご購入する時に適用される小売価格と売却するときに適用される買取価格があります。

プラチナの売買価格は、消費税を含む1g当たりの『税込小売価格』と『買取価格』を発表しています。

この価格は毎日変わります。

プラチナであれば、宝飾品だけでなくメダルなどでも売買ができます。

店頭に出向けないときでも、郵送によるプラチナの売買も可能です。

プラチナ売買は、確かな業者の選定も大事で、日本金地金流通協会の正会員及び登録店でのプラチナ売買をオススメします。


platinum100 at 07:45|Permalinkclip!
プラチナは、「白金」と呼ばれており、特に日本はプラチナ取引を行うのに最適な場所といえます。

というのも、現在、東京工業品取引所が世界最大のプラチナ市場として世界のプラチナ取引をリードしています。

つまり、それだけ日本語でプラチナ取引に必要な情報を世界のどこよりも得やすい状況にあるということになります。

プラチナ市場は為替などと比べて小さいものですが、東京がプラチナ取引が盛んというのも意外な感じもします

日本の経済状況がプラチナ相場に影響を与えると考えるのは、宝飾品用のプラチナの約25%は日本で消費されると言われています。

世界で生産されているプラチナの約10%が日本で消費されているということになります。

プラチナ取引に日本の影あり、ということですね。


platinum100 at 07:25|Permalinkclip!
プラチナで資産運用をとお考えの方、その方法は様々です。

まずプラチナ購入。資産としての価値もあり、今後の価格上昇も狙えるプラチナを購入することによって資産運用が可能です。

又、この場合、大きな資産で投資をする方法と毎月決まった額を積立てるプラチナ積立てがありますから、計画的な資産運用が可能です。

プラチナの先物取引という方法での資産運用もできます。

将来の期日のプラチナの価格を売買する権利を取引するもので、資産を大きく運用したいという場合に適したものです。

しかし、リスクは大きいので注意が必要です。

ここのところプラチナの価値が見直され、投資対象にもなっています。

ご自身に合う方法でプラチナの資産運用をされることを提案します。


platinum100 at 05:39|Permalinkclip!
貴金属への投資と聞かれると、まず金と答える方が多いでしょう。

金投資の次と言われれば、プラチナ投資

プラチナ投資と金投資、二つを比較してみます。

プラチナの価格は金の約2倍弱。断然プラチナの方が高価ですし、採れる量もプラチナは少なくなっています。希少価値が金よりも高いプラチナです。

プラチナ市場は金と比較をして小さいこともあり、価格変動が大きいといえます。日本株式の価格変動と比較をしてもその幅は大きく、新興国株式と同程度の価格変動といえます。

チャートの比較ですが、金のチャートは、株式が下がると金への投資が増加するといったことで相対的な関係にありますが、プラチナのチャートは、プラチナ自体が工業用の用途があるので、景気と歩調が合うという傾向にあります。

金とプラチナ、同じ貴金属ではありますが、比較をしてみると違いがはっきりとあります。

投資の際にはそれぞれ特色を生かすことが大切です。


platinum100 at 06:00|Permalinkclip!
モノへの投資といえば、日本では商品先物取引。この投資で、金、原油の資源物、小麦などの農産物と数種類のモノに投資ができます。

商品の価値が上がるとこれらの商品先物市場も賑わいを見せる中、金やプラチナ投資が注目されています。

このような貴金属への投資は、プラチナや金の他、銀、パラジウムなどもあります。

プラチナは金よりも希少価値が高いため、価格も高くなっています。

また、プラチナの需要は宝飾品だけに留まらず、工業用、中でも触媒用として広く利用されており、その範囲は広がっています。

ですから、プラチナ投資を考えた場合、これからまだまだ広がる需要を見据えると、投資としての価値も十分にあると言えます。

プラチナ投資は、買いと売りができますが、スプレットが広いのが特徴で、注意する必要があります。

市場が小さいプラチナは、価格変動も大きいので、リスクを常にお忘れなく。


platinum100 at 06:03|Permalinkclip!