プラチナにかかわる税金は様々です。

プラチナの先物取引で利益が生じた場合は、他の所得と合算できません。

プラチナの先物取引の税金は申告分離課税(所得税15%と住民税5%)となり、確定申告の対象となります。

確定申告の際には、先物業者から送付される月末報告書(取引明細)が求められますので、お忘れなく添付してください。

プラチナ売買に関する税金については、プラチナの売却益は譲渡所得として扱われます。

税金は、総合課税方式による申告納税となります。

この場合、プラチナの売却益とその他の譲渡所得の売却益を合せた金額に対して年間50万円までの特別控除があります。

また、購入後5年以内での売却益は「短期譲渡所得」、5年超では「長期譲渡所得」として、税金の扱われ方が違ってきます。


platinum100 at 07:25│clip!プラチナの税金は?