希少価値が高いプラチナは、宝飾用以外に60%以上が工業用として利用されています。

又、金と比較をしてもプラチナ市場は小さいため、プラチナ価格は世界経済や社会情勢の動向によって大きく変動します。

プラチナ投資を考えるとき、変動が大きい価格プラチナ一本に投資というのは非常に危険です。

ですから、株式や債券の動向とは違う価格変動のプラチナだからこそ、投資の対象としては、分散投資の一つと考えるのが妥当かもしれません。

そして、変動する価格に左右されないために、長期保有の位置づけが有効でしょう。

最初から、プラチナ価格変動が大きいことを認識して投資を始めることが大切です。

ここで大事なのは、長期保有の場合、信頼できる業者の選定があります。


platinum100 at 08:49│clip!プラチナの価格は?